有機合成化学協会誌8月号「新しい合成」

本郷くん,下脇くんの論文が有機合成化学協会誌8月号の「新しい合成」で取り上げられました.

2014年に論文を出した分子内Morita-Baylis-Hillmanの研究過程で,バイプロとして微量得られたものを最適化しなおして,主生成物として得られるようになりました.まだまだ収率は満足できるものではありませんが,一応DMAPOが促進する初めての炭素-炭素結合生成反応として論文に掲載されたものです.