岡山工学振興会 研究助成金贈呈式

(公財)岡山工学振興会から研究助成金をいただけることになり,贈呈式&懇親会に出席してきました(写真はありません). 採択課題名はちょっと大げさですが「有機分子の特定の官能基を狙い撃ちにする高度分子変換反応の開発」というものです.我々が開発した不斉求核触媒をつかって,官能基がたくさんある有機化合物の特定の位置を変換するというものです. 前回の2009年に引き続き,2回目の助成です.成果につながるように研究費は大事に使わせていただきます.     ... Read More

『有機分子触媒の開発と工業利用』出版

『有機分子触媒の開発と工業利用』がシーエムシー出版から出版されました.有機分子触媒分野の第一線で活躍されている先生方が多数執筆しています. 我々も分担で「大量スケール合成に適用可能なエナンチオ選択的なアシル化反応の開発」というタイトルで執筆しています.これは我々の研究成果を纏めたものになります.   https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=5419   価格は... Read More

TL Digestがオンライン掲載されました.

キラルなN,N-ジメチル-4-アミノピリジンを用いたエナンチオ選択的・位置選択的なアシル化反応に関するミニレビューがTetrahedron Lettersのオンライン版に掲載されました.過去10年間(2007-2017年)の反応例について網羅的に掲載しています. Recent topics in enantioselective acyl transfer reactions with dialkylaminopyridine-based nucleophilic catalysts Hiroki Mandai,* Kazuki Fujii, Seiji Suga* Tehrahedron Letters,... Read More

日本化学会 第98春季年会(日本大学理工学部 船橋キャンパス)

今年の年会発表では,H5会場にて3月21日午後のセッション(13:40~14:40)にて下記の3つの発表を行います. 2H5-32 光学活性DMAP誘導体を用いるアシル化反応(1): 3-ヒドロキシ-3-置換-オキシインドール類の速度論的光学分割(岡山大院自然)○萬代 大樹・塩本 龍平・菅 誠治 2H5-33 光学活性DMAP誘導体を用いるアシル化反応(2):... Read More

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます.   私,本日4日から仕事始めとなります.まずは放置していた査読から取り掛かります.研究室自体の始動は明日5日からとなります.   今年の目標は色々とあるのですが,その一つにこのホームページの更新をもっと頻繁にしようと思っております.   それでは本年もよろしくお願いいたします.   文面とは関係ないですが,下記の写真は年末に撮った富士山です.   ... Read More

ISONIS-11&ISMMS-3の運営

先週の15-17日に淡路島で開催されたISONIS-11&ISMMS-3の運営をやってきました.場所は兵庫県立淡路夢舞台国際会議場.実働部隊の学生8人を引き連れて,大学のボロ公用車で岡山から淡路島まで移動しました. 1日目は前夜祭にあたるGet... Read More

第47回複素環化学討論会に参加

10月26-28日に高知県立県民文化ホール(高知市)で開催された第47回複素環化学討論会に私とM2の学生さんで参加してきました.なんと今回学生さんがポスター賞(Chemistry Letters賞受賞)を受賞することができました.20倍の競争率とのことです.嬉しいですね.私はJOCに掲載された仕事について発表してきました.   ちなみに発表内容は以下の通り. 2P-51 (Chemistry... Read More

求核触媒,第二弾販売

我々が開発した不斉求核触媒の第二弾が(株)東京化成工業より販売となりました.前に発売した触媒よりもお安くなっています.   それに合わせて,日本語版と英語版のWEBページもアップデートされ,この触媒の利用例が追加されています. Webサイト中段の「利用例」タブを押すと表示されます。 日本語版 (R=H) ... Read More

化学工業9月号に記事掲載

我々が開発した不斉求核触媒についての記事について,有機合成化学協会誌6月号,化学と工業8月号に続く第3弾が化学工業9月号(化学工業社)に掲載されました.化学工業9月号に「注目される有機分子触媒の新展開」という特集号が組まれ,「極めて高活性なアシル化触媒の開発」と題した記事を執筆しました.   記事の章立ては以下のようになっております. はじめに 触媒設計と合成 分子内不斉アシル基転位反応 分子間不斉アシル化反応(第二級アルコールの速度論的光学分割反応,d,l-1,2-ジオール類の速度論的光学分割反応,meso-1,2-ジオール類の非対称化反応) おわりに 本記事の別刷りPDFは残念ながらありませんが,もし記事を読んでみたいという方がいましたらご一報ください.   ... Read More

化学と工業8月号「飛翔する若手研究者」

化学と工業8月号の「飛翔する若手研究者」に私が執筆した研究に関する記事が掲載されました.今年の年会で若い世代の特別講演証をいただいたご褒美で執筆のチャンスをいただいたものです. タイトルは「劇的な反応加速をもたらす高選択的アシル化触媒」. 紙面の関係上,触媒設計の概要と分子内・分子間不斉アシル化反応への展開について,さらっと書いています.更に詳しい内容については有機合成化学協会誌の6月号に総合論文を出しているのでこちらを御覧ください. 記事の最後のほうに述べましたが,現在進行中の研究もあり,我々が開発した光学活性DMAP誘導体が促進する全ての反応を紹介できませんでしたが,かなり優秀な触媒です.既に5報以上書かないといけない論文が溜まっているので,今年の後半は全て論文執筆に全力を尽くします.       ... Read More